ホームページはこちらから!

<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ホームページはこちらから!

2010/2/28(日)

今日は雨後曇り。

 夢の話
モモママババの兄妹は5人。上は90歳以上、89歳、85歳、83歳、80歳位と皆存命中。モモママババは中年の頃の暴食がたたっての糖尿病を患うが、併発しやすい他臓器に異常はないそうで、何よりだ。持病もちでありながら元気に来月84歳を迎える。テレビでなにやら「長生きのホルモン」があるといっていたが、この家系にはそれがあるのかもしれない。そんな話の中で、モモママジジ方の親戚の話が出て、頭に思い浮かべた。

 そんなに意識して話した訳でもないのに、その晩の夢にしっかり出てくる。人間の意識とは不思議で面白い。それなら毎日のように見ている韓国の美しい俳優達が、何故1度も夢に出てこないのは如何いうことか?


 初めてのブルーレイの映画を借りてきた。「ナイト ミュージアム2」を観る。 ベン・スティラー扮する博物館の夜警ラリーが次々と動き出す展示物に翻弄されるさまを描き大ヒットしたファンタジー・コメディの続編。今回は、ワシントンDCにある世界最大の博物館スミソニアンへ舞台を移し、“魔法の石版”によって展示物たちが甦り大混乱となったスミソニアンの事態収拾に奔走するラリーの活躍を描く。2番煎じとは言うが、さすがブルーレイCGは美しいが、内容はイマイチで面白みに欠ける。



a0107230_13551925.jpg

内容あってのブルーレイで
★★☆☆☆


[PR]

by momomama1124 | 2010-02-28 00:00
ホームページはこちらから!

2010/2/27(土)

今日は雨後曇り。

 昨日に続きナナの胴の部分のカットを行う。全体をみじか~くしたら、やはり貧相になってしまったが、最近は週に1度ブラッシングすることにしたので、ナナと私の負担を減らす為、致し方ない。この時、耳の掃除もすることにしたので、耳の病気も防げそうだ。

 オリンピックも大詰め、かつては見たこともないボブスレーを真剣に見ている。リュージュで犠牲者が出た同じコースを、スケルトンも、ボブスレーも滑走するのを知らなかった。犠牲者が出るほどの難しいコースだけあって、ボススレーも転倒するチームが続出で、上手いチームとのテクニックの差を見せつける。なかなか面白い!



a0107230_1773476.jpg

バランスが良くなったか?



a0107230_1774158.jpg

そりの性能でタイムが大きく違うと思われるが、如何だろう?


[PR]

by momomama1124 | 2010-02-27 00:00
ホームページはこちらから!

2010/2/26(金)

今日は曇り時々雨。

 すごかったね~ フリーのフィギュアスケート。金メダルのキム・ヨナは、解説の八木沼さんの「ここが惜しかったですね。」という台詞を一度も聞くことなく、ため息だけで終わった。失敗を祈るなんて出来ない勝負だ。余りに軽々と難しい技を決めるので、後で見ると感激が少ない。

 一番感動したのは鈴木明子で、「ウエストサイドストーリー」の大好きな私は、感情移入して貰い泣きしてしまった。真央ちゃんだけがトリプルアクセルを飛べるわけだし、今後はヨナちゃんのような振り付けを体得すれば鬼に金棒だ。


 そんなテレビで忙しい中、ナナをブラッシングしてカットする。ナナは毛ぶきがよいので、1ヶ月でボウボウになってしまう。顔、耳の裏側など丹念にバリカンでカットする。足も毛玉が出来やすいので短くカットした。するとボディーの長さが目立ちバランスが悪くなったので、明日、ボディーも少しカットしたい。



a0107230_18315466.jpg

可愛いお顔が出てきた。



a0107230_1832343.jpg

足の割りに上が重い



a0107230_18321522.jpg

衣装はやはり鈴木明子さんのが一番好きだった。


[PR]

by momomama1124 | 2010-02-26 00:00
ホームページはこちらから!

2010/2/25(木)

今日も晴れて暖かくなった。疲労困憊ながらプールに行く。

 昨日の女子フィギュアスケートショートは素晴らしかったね~ 浅田真央ちゃんは、完璧なすケーティングをしても、キム・ヨナには追いつけなかった。真央ちゃんが高い得点を出したのが分かった時のキム・ヨナの、「高い得点が出ちゃったわ」見たいな表情が印象的だった。負けず嫌いなのが分る。この先フリーで真央ちゃんが追い越すには2度のトリプルアクセルを正確に飛ぶこと。又はキム・ヨナちゃんが失敗するか、だそうだが、「相手の失敗を期待するなんてしてはいけない。堂々と戦って負けるならそれも良し。」と思わせる2人の戦いだ。

 それにしても真央ちゃんの衣装のフリフリ垢抜けないのはどうした物か。(私の好みじゃないだけか?)同じ19歳同士でもキム・ヨナの衣装はスッキリしてスタイルのよさを一掃引き立てている。誰が衣装を決めるのか? ニコライ・モロゾフ指導の選手は皆お洒落な感じで好ましい。



a0107230_15245145.jpg

肌色の部分が肌の色にあってない。(少し黄色い)



a0107230_1525036.jpg

キム・ヨナはビーズ刺繍も素敵だが、肌色の部分に違和感がない。
真央ちゃんもこの色にすれば良いのに。
どの選手の衣装を見ても肌色の部分が気になるのだった。



a0107230_1525745.jpg

複雑なデザインだが、私的にはまあまあ。



a0107230_15251441.jpg

この衣装は可愛かった。腰の花と、裏のオレンジが好ましい。


[PR]

by momomama1124 | 2010-02-25 00:00
ホームページはこちらから!

2010/2/24(水)

今日も晴れて暖かくなった。プールは休み。

 最近、睡眠の質が落ちている。なかなか寝付けない時もあれば、夜中目が覚め、しばらく寝られない時もある。寝られないと一口で言っても、イライラした気分になって寝られないのだ。昨晩は寝付けない上にイライラして眼が覚めた。当然睡眠不足で一日中ボーっとしている。おまけに肩まで凝って痛い。寝られないのは数年ぶりだが、何時になったら更年期障害は収まるのだろう。嫌になってくる。




a0107230_1585810.jpg

我が家の「クリスマスローズ」



a0107230_15955.jpg

一番先輩の紫 花びらに見えるが「がくへん」というらしい。



a0107230_159143.jpg

2代目の白 がくへんの形も微妙に異なる。



a0107230_159215.jpg

先日購入したピンク 蜜腺と呼ばれるところが紫なのが好ましい。


[PR]

by momomama1124 | 2010-02-24 00:00
ホームページはこちらから!

2010/2/23(火)

今日は晴れ。プールに行く。

 伯母の有料老人ホームを探す仕事を仰せつかって調べていたら、色んなことが分ってきた。認知症といえば、「物忘れ」、「徘徊」、「暴言」、「おもらし」などあるが、一番深刻なのがいわゆる「色ボケ」で、認知症のおじいさんが、お嫁さんや看護婦さんに色目?を使い始め、その目のいやらしさで家族がノイローゼぎみになるケースもあるという。程度の差こそあれ、男性の認知症の人の30~40%にこのような症状が見られるそうで、他の症状と同じで、認知症によって、自己抑制機能が失われたことによって起こるのだそうだ。

 実は、女性にもこういうことがあって、息子を自分の亭主と間違えて、息子の嫁・娘たちを、愛人と思い込み、嫁や孫に危害を加える人もいるそうだ。なるほどね~これは人にも相談できないし、見たくない一番深刻な症状といえるだろう。ホームの人はプロだから適切な対応が出来るが、家族は難しい。困ったことだ。

 他のページを読んでいると、認知症になると、独り言や行動パターンにその人の人生観、人柄や人生の縮図が素直に現れて来るそうで、世話になると、自分はこんなにしてもらってもお金を持っていないとか、ここで働いて何とか穴埋めをするとか言う人もいるそうで、人に迷惑をかけないように、何か人の役に立つようにとの、かつての裏方さん的生き方が浮彫にされるのだそうだ。

 認知症のパターンは暴力を振るったり、大声を上げたりと困ることも多いが、こういう症状なら、本人には可哀想だが家族は心労は少ないのだろう。いずれにしても、年老いて人生の最終章で、理性や見栄がそぎ落とされた本来の人間性がむきだしになるとすれば、自分のこととしても空恐ろしい。「ボケる前に死にたい。」が分る気がしてくる。

(1)早くボケる人十箇条
 1.「オーイ、オーイ」と何でも奥さんに頼む人
 2.頑固一徹、融通の利かない人
 3.無口、無表情、ムッツリ屋
 4.無趣味、趣味は仕事という人
 5.真正直すぎる人
 6.怠け者、不精者、ものぐさ
 7.無信仰、神棚・仏壇無く、神社仏閣に参らぬ人
 8.孤独な人、友達と交際しない人
 9.無神経、我が儘な人
10.チャランポラン、食っちゃ寝る人

(2)ボケない人十箇条
 1.常に感謝し、ゆとりある人
 2.本や新聞を読み、日記を付ける人
 3.手足をよく使う人
 4.人の世話をよくする人
 5.ハイカラサン
 6.酒を嗜み、歌を歌うなど陽気な人
 7.友達が多く付き合いのよい人
 8.趣味が多く、スポーツを好み続ける人
 9.奉仕の精神旺盛な人
10.異性に感心を持ち続ける人







a0107230_15361570.jpg

最近はクリスマスローズがブームという。病気に強く育てやすい。
花の咲く時期が2~4月と花の少ない時期なのも宜しい。マイブームとなるか?


[PR]

by momomama1124 | 2010-02-23 00:00
ホームページはこちらから!

2010/2/22(月)

今日は晴れ時々曇り。プールに行く。

 最近ナナはオシッコの失敗が少ない。変わってきたことと言えば、私がお風呂に入る時、お風呂を洗う時、不安になるのか?シートにオシッコするようになったこと。ほとんど毎日、しかもちょっとだけ。我が家はオシッコシートは使い捨ててでなく、洗って又使う使いまわし。置いておくのは2日が限度で、しかし2枚を洗濯機で洗うのも不経済。

 そこで使いまわしシートの上に使い捨てシートを敷いてお風呂に入ってみたら、なんと、床の上に大きな池が。そこで使いまわしシートを外して、頭など乾かして戻ってみると、ほんのちょっとオシッコしていた。何だかな~ ナナサンよ~ 使い捨ての上にもオシッコしてよ~


 昨晩の笑える話
近所のスーパーの朝市で安売りのアサリを買って澄まし汁を作った。モモパパの大好物だ。しかしモモパパは砂が残っているのが大嫌いで、必ず「ちゃんと砂出しした?」と聞く。今回は砂出ししてあるはずのアサリだったが、塩水に浸けると砂が出た。「それじゃあ砂だししてなかったことじゃない。」とモモ兄。

 そんな中モモパパは、「砂がある予感がしたら、気をつけて食べる。」と意味不明なことをいうので、モモ兄が、「お父さんは超能力があるのか?」と聞くと、モモパパは、「アサリを噛んでみて、ジョリッとしたら急いで飲み込む。」というので、モモ兄と私は「何だ、急いで食べるだけか。」と思った訳だが、私はその姿を想像しただけで大笑い。こうやって書くために思い出しただけで、笑いが込み上げてくる。


a0107230_18272543.jpg





a0107230_18273561.jpg




[PR]

by momomama1124 | 2010-02-22 00:00
ホームページはこちらから!

2010/2/21(日)

今日は晴れ時々曇り。

 昨晩モモ姉が戻ってきた。雑誌を持って言うことには、今度はブーケを選ばなければならないらしい。若年ゆえか? 一つ一つを全力で選ぶ為、バランスを考えない。ドレスがシンプルでないのに、ブーケまでこだわり奇をてらうと暑苦しい。雑誌に「トゥーマッチなりがちだから良く考えて」の言葉に気が付いたのか?一般的なブーケに路線変更。最初からお母さんの言うことを聞かんかい!



a0107230_15242028.jpg

ウェディングドレスはこんな感じだったかなあ~ バラは必須らしい。



a0107230_15242930.jpg

カラードレスはこんな感じで。


[PR]

by momomama1124 | 2010-02-21 00:00
ホームページはこちらから!

2010/2/20(土)

今日は晴れ。

 ああ、疲れた、疲れた。今日は世田谷の伯母の家に様子を見に行った。最近の老人ホームのゴージャスなことを説明し、経緯は書き切れないので、結果、海の見える熱海とか湯河原の豪華老人ホームに、暖かくなった3月か4月、一緒に見学に行くことないなった。なんと良い仕事をしたものか。此処で仕損じたらパーなので、伯母が絶対気に入るホームを皆で探さねばならない。

 カーリング女子1次リーグの英国戦では圧勝したそうな。カーリングはルールも難しいし、時間も掛かるし、イライラするので見ない。見ないからといって応援してない訳じゃない。もう1勝欲しい。



a0107230_19113013.jpg

美人ぞろいで宜しい。


[PR]

by momomama1124 | 2010-02-20 00:00
ホームページはこちらから!

2010/2/19(金)

今日も曇り時々晴れ。プールは休み。

 高橋君は素晴らしかったねえ~ 男だった。コクボ君は予選の技で決勝もいったら銅メダルだったが、テッペン狙って、「ダブルコーク1080」という高難度の技に挑んで失敗し、8位に入賞した。この期に及んで高橋君が4回転を回避してメダルを取ったとしても男は下がるわと思っていたので、失敗しても挑んでくれて嬉しかった。

 前回トリノの時は、「ガラスのハート」とまで言われた気の小ささで押しつぶされたが、4年で大きく成長するさまも見られて嬉しかった。アメリカの「エバン・ライサチェク」は4回転を回避し完璧な演技で金メダルだった。圧巻の演技であったが、4回転も見たかった。銀メダルの「エフゲニー・プルシェンコ」は上手に飛ぶだけの一時代前のすべりを見ているようだった。フィギュアスケートは踊りの要素が強い競技だと改めて感じた。


 話は戻ってコクボ君はとても良い! 大好きだ。しかし垂れパンは好きでない。電車で見ても「足の長い子は垂れパンは履かないものよ。足の短い人間がごまかす為に履いてるんだわ、きっと。」と思っていた。しかし、あそここまで皆でいじめなくても良いんじゃないの? 21歳なんて未だ子供でしょう。コーチが言って聞かせれば分ったはず。コーチの責任は大きい。朝青龍と異なり、きちんとするのは4年に1回で良いのだから。ええ子だわ、コクボ君は。煩い年寄りの言うことなんて気にするな~ 4年後も待ってるよ~



a0107230_16424594.jpg

大好きなブルーの衣装だったのに、全然気が付かなかった。黒だと思っていた。



a0107230_16425222.jpg

日本の選手はそれぞれ異なるユニホームだったのに対し
自由主義のアメリカの選手がおそろいのユニホームなのが興味深かい。


[PR]

by momomama1124 | 2010-02-19 00:00